株式会社ジェイ・エヌ・エス(JNS)ディレスタ 株式会社ジェイ・エヌ・エス(JNS)ディレスタ

株式会社ジェイ・エヌ・エス

株式会社ジェイ・エヌ・エス

TAKASAKI :
027-350-1010
SHIZUOKA :
054-205-3670
TOKYO :
03-5561-1010
MITO :
029-350-4410
働き方改革 働き方改革

WORK SYSTEM REFORM
働き方改革

「社員とその家族の幸福」こそ、
事業繁栄の礎。

JNSは、社員の生活事情や環境、体力などに応じた多様な働き方ができる事業体系を目指します。
そして、「社員一人ひとりが家庭や職場、地域で、生きがいを持って充実した生活を送ることができる」ことを働き方改革の理念に据えて推進します。

全社共通の取り組み

JNSは、次世代育成支援対策推進法に基づき社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のとおり行動計画を策定し実行します。

〈計画期間〉
2018年8月1日~2022年7月31日

〈行動計画〉
目標1
年次有給休暇取得の促進を図るため、管理職を対象とした研修を実施し、取得率UPを目指す。
〈対策〉
  • 2020年8月~年次有給休暇の取得状況を把握する
  • 2021年1月~年次有給休暇の取得計画を策定する
  • 2021年4月~社内ポスターによる社員への周知を図る
目標2
ファミリーサポート有給制度を構築する。
〈対策〉
  • 2018年8月~社員のニーズの把握、検討開始
  • 2020年8月~制度の制定
  • 2020年10月~制度に関するポスターや資料を作成し、社員への周知を図る
  • 2021年1月~制度の運用スタート
目標3
介護・育児のための計画的勤務体系を整備し、ルール化を目指す。
〈対策〉
  • 2018年8月~社員へのアンケート調査、検討開始
  • 22020年8月~制度の制定
  • 22021年10月~制度に関するポスターや資料を作成し、社員への周知を図る
  • 22021年1月~制度の運用スタート
高崎本社の取り組み
「群馬県いきいきGカンパニー」のゴールド認証企業です。

JNSは、育児・介護休業制度の利用促進や職場における女性の活躍、従業員の家族教育等、ワークライフバランスの推進を図り、すべての従業員が働きやすい職場環境をつくるため、以下の取り組みを実践しています。

〈主な取り組み項目〉
育児・介護休業取得の両立支援の取り組み宣言
  • 育児休業制度のさらなる周知と取得推進を図り、働きやすい環境づくりに努めます。
  • 仕事と家庭の両立のため、積極的な有給休暇の取得推進に努めます。
女性管理職登用・活躍推進の取り組み宣言
  • 女性社員のキャリア支援と管理職への登用に積極的に取り組みます。
  • 社内ネットワーク形成のための女性社員交流会を定期的に実施します。
従業員の家庭教育等の取り組み宣言
  • 1年に1度、家庭の日を設定し、家族とのコミュニケーションを深めることを推進します。
  • 労働の見直し、家庭環境向上に向けた「ノー残業デー」の更なる徹底化を推進します。
【認証番号:第30-BG-00042号】

「ぐんま女性活躍大応援団」の登録企業です。

JNSは、群馬県が推進する「女性が希望に応じ持てる能力を発揮し、あらゆる分野において活躍できる社会」の実現に向け、すべての女性の活躍を地域ぐるみで応援するための「ぐんま女性活躍大応援団」に登録しています。

〈応援メッセージ〉
JNSは、育児・介護休業制度の利用促進や職場における女性の活躍、従業員の家庭教育など、全従業員が働きやすい職場環境を作るため、取り組みを推進しています。特に家庭と仕事を両立しながら業務を推進することは厳しいこととは思いますが、熱い想いで社会と向き合う女性を社内社外問わず心から応援してまいります。

【登録番号第30-271号】

東京officeの取り組み
すべての社員が活躍できる職場環境を目指し、「TOKYO働き方改革宣言企業」として、働き方改革に全面的に取り組みます。

JNSは、更なる働き方改革への気運を高めていくため、従業員が活躍できる職場環境の構築とワークライフバランスの推進のため「TOKYO働き方改革宣言企業」として、以下の宣言を掲げて働き方改革に全面的に取り組みます。

〈JNS DIRESTA TOKYOの取り組み〉

宣言:仕事スイッチ、自分スイッチ、切り替えてベストバランス!

  • 働き方の改善…時間外労働一人当たり月平均10時間以下を目指します!
  • 休み方の改善…年次有給休暇の取得率80%以上を目指します!

※取り組み期間:2021年1月~2024年1月

【TOKYO働き方改革宣言企業番号:02G6366】

テレワークの促進・定着を目指し、「テレワーク東京ルール実践企業宣言」として、働き方改革に全面的に取り組みます。

JNSは、以下の目標達成に向けて、テレワークルールを実践し「働き方改革」「ビジネス革新」「危機管理」を柱にテレワークの促進・定着を目指します。

〈JNS DIRESTA TOKYOの取り組み〉
  • 働き方改革…積極的なテレワークデーを導入。
  • ビジネス革新…業務効率化による生産性の向上。
  • 危機管理…感染症の拡大時は原則テレワーク。

※上記推進に伴い「テレワーク・マスター企業」計画にもエントリーしています。

【エントリー番号:T3-757593】
水戸officeの取り組み
「いばらき女性活躍推進会議」の発足趣旨に賛同し、働き方改革に全面的に取り組みます。

JNSは、女性はもちろん男性もいきいきと働き、多用な働き方を実現できる職場環境づくりを目指すため、茨城県が推進している「いばらき女性活躍推進会議」の発足趣旨に賛同し、同会への会員登録をしました。

【いばらき女性活躍推進会議 登録番号:No.675】


「茨城県働き方改革優良(推進)認定企業」の優良認定を受け、さらなる働きやすい環境づくりに取り組みます。

JNSは、茨城県で推奨しているすべての労働者が働きやすい環境づくりに向けて、「働き方改革」に積極的に取り組む優れた企業を認定する制度「茨城県働き方改革優良企業認定制度」の認定を受けました。

〈JNS DIRESTA TOKYO 水戸officeの取り組み〉
  • テレワークや時差勤務など、多用な働き方を実現するための制度を導入している。
  • 業務の効率化や生産性の向上に、積極的に取り組んでいる。
  • 女性の活躍や中途採用を含めた多様な人材の活用制度を整備している。

※上記以外にも、各種制度の導入や利用について実態把握を行い、運用の強化に取り組んでいることが認められました。

【認定番号:第03031号】

従業員就業規則並びに関連規定の改変実績

対象期間:2020年4月1日~2021年7月31日

2021.05.24
《従業員就業規則》
  • 社員のプライベートな時間が作れるように、夏季休暇が自由に取得できるようにしました。
  • 義務化された年5日の年次有給休暇と別に年次有給休暇の計画的付与を6日以上設定し、事前に社内共有することでこれまで以上に有給休暇の取得をしやすくしました。
2020.11.06
《従業員就業規則》
  • 不妊治療・不育症治療のサポートを目的とした新たな休暇制度を設定しました。
2020.09.24
《育児・介護休業等に関する規則》
  • これまで育児・介護休業期間の基本給などは、毎月支給していませんでしたが、子の出生後8週間以内においては5日を限度として有給を付与することにしました。
2020.09.11
《従業員就業規則》
  • 「新型コロナウイルス感染症拡大」から緊急事態宣言など、大きく働き方の変更を余儀なくされたところ、不明瞭な勤怠管理や感染症に対する勤務体系のルールを整備化しました。
  • 育児・介護の該当社員向け「ファミリーサポート特別休暇」や転勤に該当社員向け「転勤休暇」など従業員目線の新たな休暇制度を導入しました。
2020.09.11
《育児・介護休業等に関する規則》
  • 育児・介護を行っている社員の出勤時間のストレスを軽減するため、時差出勤制度を新たに導入しました。
  • 新入社員において、採用から6か月経過しないと有給休暇の付与がありませんでしたが、採用時点から育児・介護を目的とする場合のみ、特別に有給休暇を付与する制度を新たに導入しました。