NEWS&TOPICS お知らせ

NEWS&TOPICS お知らせ

NEWS&TOPICS お知らせ

2017/02/21

弊社は、経済産業省がサービス産業の活性化並びに地域の活性化の新たな評価を見える化するための認証制度として創設した「おもてなし規格認証2017:紅認証」(認証機関:一般社団法人サービスデザイン推進協議会/東京都中央区)を認証しました。

■「おもてなし規格」創設の背景について

サービス産業は今や日本のGDPの約70%を占めるとともに、地域雇用を生み、地域に住む人々の暮らしを支える経済の柱です。地域経済、ひいては日本経済の発展には、このサービス産業の活性化と生産性の向上が不可欠です。 しかし、サービスは「その場・その人」が受ける一度きりの、それ自体は「目に見えない」ものです。このため事業者が高品質なサービス提供を行っても、それを付加価値として価格に転嫁しづらい現状にあります。日本全体のサービス産業の底上げをはかるためには、高品質なサービスに対して、それにふさわしい評価が受けられる制度的な枠組みが必要です。

そこで、こうした現状を改善し、サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として「おもてなし規格認証」が誕生しました。これまでの日本政府の検討をふまえ、民間規格としての運用を通じて、本制度は日本のサービス産業と地域経済の活性化を推進していきます。

当規格認証は、サービスを提供するすべての事業者にとって、高品質なサービスの提供・維持・向上を促し、より高い生産性を実現するための、共通化された枠組みです。

 

■「おもてなし規格」の定義とは、顧客・従業員・社会(地域)の満足を高め、発展させ続ける「プロセス」です。
(1)「お客さま」の期待を元に、共に価値を創ること
サービス内容について事前にわかりやすく伝えるとともに、お客さまの期待を取り込み、サービス内容および提供プロセスに反映させることで、顧客の満足度向上を実現する。

(2)「従業員」の意欲と能力を引き出すこと
従業員の意欲や能力を発揮ないしは向上できる環境を整えることで従業員満足度を高め、高いサービス品質の提供を可能にすることで、顧客の満足度向上が実現する。

omotenashi_mark

(3)「地域・社会」と共生していくこと
地域、社会に参画することで、地域・社会の声を取り込み、地域、社会の事業所への理解が進むことで、地域への貢献も視野に入れたサービス提供が可能となる。その結果、事業活動の持続可能性が向上する。

(4)継続・発展していくこと
サービス品質の向上および企業経営の改善追求に定期的に取り組むことで、変化し続ける顧客ニーズに応え、新たなサービス価値を生みだす枠組みが構築可能となる。また、事業者は、期待されるサービスの成果に向け、そのプロセスを明確化し管理し、継続的改善に取り組むことで、組織の継続的な発展が可能となる。

 

omotenashi_mark

 

※上記内容は、認証機関である一般社団法人サービスデザイン推進協議会オフィシャルサイトより抜粋しました。

 

●詳しくは以下オフィシャルサイトをご覧下さい。
https://www.service-design.jp/news_detail/id=125

お知らせ一覧ページへ戻る